Skip to content

体験入店してみたー和服編ー

「ポッチャリ体型でもカバーできる」とか「体型気にしなくてOK」とかの文字も良く見かける和風セクキャバ。和服はお腹周りなど体型を隠すことができる衣装になっているため、ぽっちゃり体型じゃなくても人気があります。梅田のセクキャバにも和風コンセプトのお店がいくつかあり、長襦袢だったりミニ襦袢だったり衣装はお店によって異なります。今回は1番肌が隠れそうな、長襦袢衣装の梅田セクキャバで体入です。

ー 体入の流れ

梅田セクキャバでは面接が終わったあと、体入の前に一通りお店のサービス内容やルールについて説明があります。そのあとは、いよいよお客さんに実際にサービス開始◎お店がオープンする少し前に面接が終わったので、待機スペースで、在籍しているセクキャバ嬢たちと少し話す機会がありました。やっぱり体験入店の時って初めてのお店だし知ってる人もいないし緊張します。待機スペースでの他の女の子と過ごす時間に女の子同士、派閥がありそうだなとか、上下関係厳しそうだなといった雰囲気を感じとることもあれば、気軽に話かけてくれて優しいなと思ったり、緊張をほぐしてくれてリラックスできたりと、お店の雰囲気を感じ取るのには待機スペースはうってつけの場所です。

ーお客さんの質を確認

梅田セクキャバに訪れるお客さんは、夜だと基本的に飲み終わりに来る人が多いです。ただ若い人もいれば、わりと年上の人もいたりと、年齢層にはバラつきがあるように思います。エリアによってはお昼だとシニア層が客層の中心になってたり、エリアによってはちょっと怖い雰囲気のお客さんが多かったりなど、エリアやお店によってもお客さんの層は異なります。

セクキャバなので接客としては、お客さんとお酒を飲んでトークしたり、キスをしたり、おっぱいを触らせてあげたり…といった感じです。キスはディープキスを強制されたりはしないので、フレンチ・キスのみにしたりと軽くすることはできます。体験入店でもドリンクを入れてもらったり指名を取れたりするとお給料が高くなったりするので、できれば指名とかも取りたいですね。

Published in体験入店